SIP 革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チーム

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

本研究について

本WEBサイトは、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的燃焼技術」において、「ガソリン燃焼チーム」が実施する研究開発の取り組みおよび活動を紹介するものです。

「ガソリン燃焼チーム」は、JST殿との研究契約に基づき、リーダー大学を担当する慶應義塾大学が日本全国の22大学(29クラスター)と共に、また、自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)の支援を受けて強力な産学連携体制のもとに「高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究」を推進しております。

ガソリンエンジンの熱効率50%達成を目標とする「超希薄低温燃焼」の実現に向けて、サイエンスとテクノロジーの両面から革新的燃焼技術にアプローチいたします。

飯田訓正 特任教授

研究責任者
特任教授(研究)飯田訓正
慶應義塾大学大学院理工学研究科

ダウンロード

一覧を見る

トピックス&ニュース

ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.02 (SIP-Gd1.02) およ・・・

SIP革新的燃焼技術ガソリン燃焼チームの成果の一つである, 「ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.0 (SIP-Gd1.0)および簡略化反応機構バージョン1.0 (SIP-Gr1.0)」を公開いたします. この反応機構は, 本プロジェクトで実験・検証に用いてきた,5成分共通サロゲート燃料に対応するものであり, 実ガソリンの着火性・燃焼速度などの基礎燃焼特性をほぼ再現することが確認されています. 組成や成分の詳細は参考文献に譲りますが, 本プロジェクトに参画する多くの大学の研究者の協力により, 個々の成分の基礎燃焼特性だけでなく,混合物の燃焼特性に対する検証を行ったものであります.反応機構に改良の余地はまだあるものと思われますが,一定の検証を完了いたしましたので, これをバージョン1.0として公開し,多くの利用と試験に供することで,さらなる改良へのご提言と示唆を頂きたいと考えております. 本反応機構を引用される場合は以下を引用して頂けますようお願いいたします. [1] 三好 明・酒井 康行, ガソリンサロゲート詳細反応機構の構築, 自動車技術会論文集, 48 (...

ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.01 (SIP-Gd1.01) およ・・・

SIP革新的燃焼技術ガソリン燃焼チームの成果の一つである, 「ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.0 (SIP-Gd1.0)および簡略化反応機構バージョン1.0 (SIP-Gr1.0)」を公開いたします. この反応機構は, 本プロジェクトで実験・検証に用いてきた,5成分共通サロゲート燃料に対応するものであり, 実ガソリンの着火性・燃焼速度などの基礎燃焼特性をほぼ再現することが確認されています. 組成や成分の詳細は参考文献に譲りますが, 本プロジェクトに参画する多くの大学の研究者の協力により, 個々の成分の基礎燃焼特性だけでなく,混合物の燃焼特性に対する検証を行ったものであります.反応機構に改良の余地はまだあるものと思われますが,一定の検証を完了いたしましたので, これをバージョン1.0として公開し,多くの利用と試験に供することで,さらなる改良へのご提言と示唆を頂きたいと考えております. 本反応機構を引用される場合は以下を引用して頂けますようお願いいたします. [1] 三好 明・酒井 康行, ガソリンサロゲート詳細反応機構の構築, 自動車技術会論文集, 48 (...

第28回内燃機関シンポジウムにて研究発表を行いました

第28回内燃機関シンポジウム  - 磨き上げられるエンジンシステム技術 - http://www.jsae.or.jp/intconf/ice/sympo2017.php 日時:2017年12月6日(水)〜12月8日(金) 場所:福岡リーセントホテル 登録参加者数:427名 論文発表数:105件 (内SIPガソリン燃焼チーム:10件) 国内で開催されるエンジン関連の最高峰のシンポジウムと位置付けされる内燃機関シンポジウムは,本年度は福岡にて開催され,自動車関連企業,研究機関,大学等から420名を超える方にご参加いただき,エンジンシステムに関する研究について活発な討論が繰り広げられました. ガソリン燃焼チームからも多くの発表(10件)があり,SI機関,ノッキング,着火・燃焼,計測診断のセッションにおいて多くの質疑応答が行われ,活発な研究討論が行われました. 第29回内燃機関シンポジウムは,2018年11月26日から28日にかけて,京...

ガソリン燃焼チーム平成29年第3回燃料・ノック班会合報告

  2017年12月16日(土) 燃料・ノック班の本年度第3回会合を、広島にあるマツダ株式会社本社の会議室をお借りして実施しました。各クラスター大学から、研究進捗状況ならびに燃料試作に関する提案が報告されました。SIPで提案するガソリンの燃焼反応機構の精度向上に関する議論、初期火炎核形成から火炎伝播に至る過程の重要性に関する議論がありました。また、より高効率なエンジン燃焼を可能にする燃料とは何か?という新たな議論も始まっています。班一同、ノック抑制法の提案に向け、知見を着実に積み上げています。(文責:燃料・ノック班_酒井) コメント 燃料・ノック班恒例の懇親会、昼間の議論の熱も冷めやらぬ中、広島の海の幸、牡蠣鍋をいただきつつ、時間無制限のディスカッション開始です。 ...

SETC2017 in Jakarta にて研究発表を行いました

The 23rd Small Engine Technology Conference (SETC) http://www.setc-jsae.com/ 日時:2017年11月15日(水)〜11月17日(金) 場所:Jakarta Convention Center 登録参加者数:362名 論文発表数:91 (内SIPガソリン燃焼チーム:慶應義塾大学2名、東京都市大学1名、日本大学2名) 小型エンジン技術国際会議(SETC)は、自動車技術会とSAE Internationalの共催で、毎年開催されています。 この会議は、二輪車・農業機械・発電機・船外機などの小型エンジン及びその応用部品に関する技術に焦点を当てた国際会議です。今年度は、ジャカルタで開催されました。ガソリン燃焼チームから5件の発表があり、それぞれ活発な研究討論が行われました。 閉会式にて、1件のThe Best Paper賞、9件のHigh Quality Paper賞、5件のHigh Quality Presentat...

SIP革新的燃焼技術「平成29年度杉山PDアワード」をガソリン燃焼チームの菅田さ・・・

SIP革新的燃焼技術の全体報告会がJST科学技術振興機構の主催で 10月21日に開催されました。 この会議は、最終目標を達成するためにプロジェクト全員の⽅向と 推進⼒を揃えることを目的に毎年開催されていますが、プロジェクトに 参画する特に優れた学生を表彰する「平成29年度杉山PDアワード」を ガソリン燃焼チームの菅田健志さん(慶應義塾大学)と制御チームの 藤井聖也さん(熊本大学)が受賞しました。 菅田さんの受賞対象となった研究発表内容は、こちらからご覧下さい。 左から杉山...

乱流燃焼ダイアグラムを用いたスーパーリーンバーンSIエンジンにおける燃焼形態の検・・・

  ガソリンエンジンの熱効率50%を達成するために当量比0.5以下のスーパーリーンバーンの実現が期待されるが,着火遅れ期間の長期化やサイクル間燃焼変動の増大が課題となっている.その現象解明のために、本研究では層流燃焼速度,火炎帯厚さ,乱れ強さ,積分長さスケールから乱流カルロビッツ数を推算し、クランク角の関数としてPetersの乱流燃焼ダイアグラム上にその推移を示した。スーパーリーン条件ではストイキ条件に比べて層流燃焼速度が低下、火炎帯厚さが拡大し(図2)、乱流カルロビッツ数が増大するため燃焼形態はThin reaction zonesの領域を推移する(図3)。 菅田健志 慶應義塾大学大学院 詳しくは: 菅田健志,李世埈,横森剛,飯田訓正:乱流燃焼ダイアグラムを用いたスーパーリーンバーンSIエンジンにおける燃焼形態の検討,自動車技術会2016年秋季大会 学術講演会 講演予稿集,No.1-177,2003-2007(2016) 菅田健志,李世埈,横森剛,飯田訓正:乱流燃焼ダイアグラムを用いたスーパーリーンバーンSIエンジンに...

SIP革新的燃焼技術「平成27年度杉山PDアワード」をガソリン燃焼チームの平岡さ・・・

2015年11月7日に開催されたSIP革新的燃焼技術の全体報告会(JST科学技術振興機構主催) において、プロジェクトに参画する特に優れた学生を表彰する「平成27年度杉山PDアワード」を ガソリン燃焼チームの平岡克大さん(東京工業大学)が受賞しました。 平岡さんの受賞対象となった研究発表内容は、こちらからご覧下さい。 杉山PDからアワードを受賞する平岡さん ...

A Fractal Dynamic SGS Combustion Model f・・・

Direct numerical simulation of a turbulent hydrogen-air premixed plane jet flame is performed to investigate fractal characteristics and to evaluate the fractal dynamic subgrid scale (FDSGS) combustion model. 平岡克大 東京工業大学大学院 詳しくは: Katsuhiro Hiraoka, Yuki Minamoto, Masayasu Shimura, Yoshitsugu Naka, Naoya Fukushima and Mamoru Tanahashi, A Fractal Dynamic SGS Combustion Model for Large Eddy Simulation of Turbulent Premixed Flames, Combustion Science and Technology, 188 (9)...

平均圧力が急激変化する燃焼場を対象とした世界初のSGS燃焼モデルの検証と開発

  ガソリンエンジンを想定して,平均圧力が大きく変化する乱流燃焼場、定容容器内乱流予混合火炎のDNS結果を用いて,Fractal Dynamic SGS燃焼モデルの検証を行うとともに,その適用性拡大のための手法を提案した. 山田理恵 東京工業大学 詳しくは: 山田 理恵,名田 譲,平岡 克大,Yenerdag Basmil, 源 勇気,志村 祐康,店橋 護:定容容器内乱流予混合火炎のためのフラクタル・ダイナミックSGS燃焼モデルの構築、第30回数値流体力学シンポジウム,第30回数値流体力学シンポジウム予稿集,1-4(2016) コメント SIP革新的燃焼技術で開発中のHINOCAの高精度化には,LES用の高精度なSGS燃焼モデルの開発が不可欠である.乱流燃焼モデルの開発・検証は,平均圧力が変化しない燃焼場で行われることが一般的である.本研究では,筆者らが開発中のFDSGS燃焼モデルをガソリンエンジンに適用するために,世界で初めて平均圧力が上昇する燃焼場においてモデルを検証している.また,HINO...

一覧を見る