SIP 革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チーム

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

調査・研究レポート

乱れのスケールが燃焼促進におよぼす影響

  さらなる超希薄・高EGR化を実現するため重要となる燃焼促進を目的として,乱れのスケールが希薄・EGR条件下における乱流火炎の燃焼期間および火炎面形状に及ぼす影響について調査した. その結果,同じ乱れ強さにおいても乱れの

リーンバーンの燃焼効率の変動を 実験的に明らかに

  リーンバーンにおけるサイクル変動の要因を明らかにするため、サイクル毎の燃焼圧解析と排ガス分析を行った。この結果、リーンバーンにおけるIMEPのサイクル変動要因として、等容度(燃焼位相と燃焼期間)の他に、燃焼効率の変動が強

SIP「革新的燃焼技術」Research Report が発行されました

JST科学技術振興機構が、SIP「革新的燃焼技術」Research Report を発行しました。 JSTのホームページからダウンロードできますのでご覧下さい。 ガソリン燃焼チームからは、東京工業大学大学院の平岡克大さんによる乱流予混合

LDV MEASUREMENT OF NEAR-WALL VELOCITY DI・・・

概要:レーザードップラー流速計(LDV)を用いて可視化エンジンピストン壁近傍での速度分布取得に先立ち、チャネル風洞での壁極近傍(壁から約90 mm)の速度分布を高精度に計測し、壁面せん断応力の算出を行った。ま