SIP 革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チーム

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.0 (SIP-Gd1.0) および簡略化反応機構バージョン1.0 (SIP-Gr1.0)

SIP革新的燃焼技術ガソリン燃焼チームの成果の一つである,
「ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.0 (SIP-Gd1.0)および簡略化反応機構バージョン1.0 (SIP-Gr1.0)」を公開いたします.
この反応機構は, 本プロジェクトで実験・検証に用いてきた,5成分共通サロゲート燃料に対応するものであり, 実ガソリンの着火性・燃焼速度などの基礎燃焼特性をほぼ再現することが確認されています.
組成や成分の詳細は参考文献に譲りますが, 本プロジェクトに参画する多くの大学の研究者の協力により, 個々の成分の基礎燃焼特性だけでなく,混合物の燃焼特性に対する検証を行ったものであります.反応機構に改良の余地はまだあるものと思われますが,一定の検証を完了いたしましたので, これをバージョン1.0として公開し,多くの利用と試験に供することで,さらなる改良へのご提言と示唆を頂きたいと考えております.

本反応機構を引用される場合は以下を引用して頂けますようお願いいたします.
[1] 三好 明・酒井 康行, ガソリンサロゲート詳細反応機構の構築,
自動車技術会2017年春季大会学術講演会講演予稿集, 2017年5月24日~5月26日, 横浜.

2017年5月30日
SIP革新的燃焼技術ガソリン燃焼チーム 広島大学 三好明


Gasoline surrogate details reaction mechanism version 1.0 (SIP-Gd1.0)
and simplification reaction mechanism version 1.0 (SIP-Gr1.0)

We are pleased to announce the disclosure of the gasoline-surrogate detailed kinetic mechanism ver. 1.0 (SIP-Gd1.0) and the reduced kinetic mechanism ver. 1.0 (SIP-Gr1.0) which are ones of the outcomes of the SIP-ICT Gasoline Combustion Team.
These mechanisms correspond to the five-component common surrogate fuel which has been employed in the experiments and validations in this project and has been shown to well emulate the basic combustion characteristics such as autoignition properties and burning velocities of practical gasolines.
Though the details including the composition and constituents have been described in the literature, the validations on the combustion properties have been made for the mixtures as well as for the each constituent in corporation with researchers in many universities joined in this project.
Despite the potential problems awaiting for the improvement, the mechanisms have passed a certain level of the validation and they will be disclosed here as the version 1.0 expecting the suggestions and implications for the improvements as the results of wide usage and many testings.

When this reaction mechanism is quoted, please quote the following.
[1] Miyoshi Akira ・Yasuyuki Sakai , Construction of the gasoline surrogate detailed reaction mechanism,
JSAE Annual Congress Spring 2017, Technical Session Program, From May 24, 2017 to May 26, 2017 in Yokohama, Japan

Akira Miyoshi, Hiroshima University
SIP, Innovative Combustion Technology, Gasoline Combustion Team
May 30, 2017

ガソリンサロゲート詳細反応機構バージョン1.0 (SIP-Gd1.0) および簡略化反応機構バージョン1.0 (SIP-Gr1.0)
264KB

ダウンロードサービス ご利用規約

本サイトのダウンロードサービスのご利用にあたり、以下の利用規約をご一読いただき、これらの条件に同意された場合のみご利用ください。なお、本利用規約は告知なく変更する場合があります。最新の内容をご確認いただきますようお願いいたします。

  1. ダウンロードサービスの内容
    • 本サイトに掲載していますソフトウェア及びデータ等の著作権および所有権は、広島大学が所有しております。データの一部または、全部を広島大学に無断でコピー、転載、また、第三者への提供を禁じます。
    • 本サイトに掲載していますソフトウェア及びデータ等は、それらを使用することによって本プロジェクトの研究・開発内容をより良く理解していただくことを目的として公開しています。この使用目的以外の使用は禁止とします。
    • 改良等のために、予告なしにソフトウェア及びデータ等の内容を変更する場合があります。ダウンロードされたソフトウェア及びデータ等に対する内容変更のご連絡は一切いたしませんのでご了承ください。
  2. ダウンロードサービスに係わる免責事項
    • 本サイトのソフトウェア及びデータ等のダウンロードサービスの利用、または利用できなかったことにより万一損害(データの破損、業務の中断、営業情報の損失などによる損害を含む)が生じ、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについて、あらかじめ知らされた場合でも広島大学は一切責任を負いませんことを、ご了承ください。
  3. ダウンロードサービスの中止、変更
    • 本サイトのダウンロードサービスは、予告なく中止、または内容や条件を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  4. ダウンロードサービスに関するお問い合わせ
    • 本サイトのダウンロードサービスに関するご意見・お問い合わせは、E-mail: sip.gasoline2016@gmail.comにお願いいたします。

「規約に同意してダウンロード」ボタンをクリックされた時点で、上記の利用規約に同意したものとします。