SIP 革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チーム

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

筒内ガス温度およびタンブル流速度がSIエンジンの壁面とガス間の熱伝達に及ぼす影響

超希薄燃焼と強タンブル流の組み合わせによる熱効率向上の可能性を検討するため,本研究は燃焼室壁面の瞬時熱流束を計測することにより,タンブル流動およびガス温度が熱流束に与える影響を調査した.モータリング条件では,タンブル流を強化すると吸気,圧縮行程での熱流束が増加した.一方で膨張,排気行程では影響を受けない結果となった.

画像なし
小嶋慧
慶應義塾大学大学院
修士課程2年

詳しくは:
Akira Kojima, Norimasa Iida, Yuji Mihara:The Effect of In-cylinder Gas Flow and Temperature on Heat Transfer between Gas and Chamber Wall in SI Engine,自動車技術会2016年春季大会学術講演会講演予稿集,20165385(2016)

コメント

スーパーリーンバーンによる熱効率向上は従来のような膨張行程における熱損失だけでなく,各行程における作動ガスと壁面間の熱輸送に着目しなくてはなりません.強力点火,強タンブル流,希薄燃焼の組み合わせによるスーパーリーンバーンの燃焼形態を把握するためにも熱流束解析は役立ちます.

飯田訓正 慶應義塾大学 特任教授