SIP 革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チーム

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

乱流燃焼ダイアグラムを用いたスーパーリーンバーンSIエンジンにおける燃焼形態の検討

熱効率50%を達成するために超希薄燃焼の実現が期待されるが,サイクル間燃焼変動が課題となっている.本研究では層流燃焼速度,火炎帯厚さ,乱れ強さ,積分長さスケールの4つの物理量を推算し,Peterの乱流燃焼ダイアグラム上にクランク角履歴を示した.超希薄燃焼においては乱流カルロビッツ数が大きく,消炎作用を強く受ける.

画像なし
菅田健志
慶應義塾大学大学院
修士課程2年

詳しくは:
菅田健志,李世埈,横森剛,飯田訓正:乱流燃焼ダイアグラムを用いたスーパーリーンバーンSIエンジンにおける燃焼形態の検討,自動車技術会2016年秋季大会学術講演会講演予稿集,20166383(2016)

コメント

スーパーリーンバーンは従来の火炎伝播とは異なり,Thin reaction zonesないしはBroken reaction
zonesをとる可能性が示されました.本研究で得られた知見は,スーパーリーンバーンの実現に貢献することが期待されます.

飯田訓正 慶應義塾大学 特任教授